梁の家 おすすめ!blog

千葉人のヤンニョムなのだ

2010年6月10日

写真がないシリーズ第2弾は、ヤンニョムチキンです。
ヤンニョムはいろんな調味料を合わせた「合わせダレ」のことらしいんですが、私もヤンニョムチキンを食べるのは久しぶりで、記憶が曖昧・・・。
 

ヤンニョムチキン

おお、そうそう!はいはい!これこれ!
このチキンのカタマリですよ。そーですよ。
チリソースのような、なんとも言えないステキなにおいが漂ってきて、この香りではっきり思い出しました。
ヤンニョムチキン、すごくうまいんだった!
(そんな大事なことを忘れててドースルのかと)
 
「久しぶりで会えたね、ヤンニョムたん」
なんて思いながら一口食べると、はじめはけっこう甘い感
そして後からじわじわ辛い感
またこのチキンが、柔らか〜でおいしいんです。
 
その、はじめにくる甘さの秘密は、たぶんこれ。ピーナッツ。
ヤンニョムにピーナッツがごろごろっといっぱい入ってるんです。
ピーナッツと言えば、私のふるさと千葉県の名産ですから、私にとってはソウルフード。
 
ヤンニョムにはゴマやタマネギなんかも入ってますが、それ以外の調味料は、ええっと、企業秘密?
というより、私の舌では複雑すぎてイマイチよくわからずー。
ぜひ食べて確かめてみてください。
 
ウハウハ喜んで食べまくっていたら、なんだか持続する辛さで、口の中がいつまでもぼんやりと辛い感じでした。
味が濃いので、ビールにもピッタリのヤンニョムチキン。
特にこれからの時期におすすめ!です。



 

コメントをどうぞ!
すべての項目に入力してください。
お名前:

メールアドレス:
 ※公開されません
コメント:

 ※コメントは承認後に公開となります

  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー

  • 最近のコメント

  • タグ