梁の家 おすすめ!blog

なぜか懐かしい味噌鍋なのだ

2011年5月31日

梅雨寒の日だったので、辛いイカ炒めであったまりつつ、もう一品は鍋を食べることにしました。
まだ紹介していないのは、タラ鍋と味噌鍋。
店長に、どっちかおすすめの鍋をちょーだいとお願いしまして、どちらが出てくるかは神のみぞ知る・・・神の味噌汁・・・?
 

味噌鍋

ということで、やってきたのは味噌鍋でしたー。
ほかの鍋にも増して、湯気がモクモクでていて、あっつあつな感じでの登場。
上に乗ってるエノキが目立ちますね。
 
グツグツに煮込まれた正体不明の野菜は、長ネギ、玉ねぎ、シイタケ、ジャガイモ、それにいつもの細長カボチャなど。
細かく刻まれて、さらに柔らかく煮込まれているので、何が入っているのかイマイチよくわかりません。
 
エノキをつまんで写真を撮ろうと思ったら、あららら、レンズ曇っちゃう
ここは大人しく小皿に取っていただきまーす。
 
うん、味噌鍋っていうだけあって、味噌の香りが濃厚。
あとなんだか複雑なダシっぽい香りがします。
まずは一口。
ん?あら、けっこう辛い?
 
味噌汁のイメージで飲んだので、意外に辛く感じてしまいました。
よく見ると唐辛子が浮いてます。
でも、暴力的な辛さではなくて、ちょうどいいアクセントになる辛さ
 
ああ、このスープ、何かに似てる感じなんだよなあ。
辛味噌ラーメンのスープみたいな・・・。
相変わらず表現が貧弱ですいませんww
 
濃いめのスープはどう考えてもご飯を入れて食べたい味
味噌の豆もそのまま入ってるところが家庭料理っぽくていいですね。
クタクタ野菜の味と相まって、どこか懐かしいような感じです。
 
味噌鍋はお酒を飲んだ後、〆に食べるのも良さそう。
お腹いっぱいで酔っぱらいつつも、味噌鍋のスープだったら飲めちゃうのはなんでですかね?



 

コメントをどうぞ!
すべての項目に入力してください。
お名前:

メールアドレス:
 ※公開されません
コメント:

 ※コメントは承認後に公開となります

  • 最近の記事

  • 過去の記事

  • カテゴリー

  • 最近のコメント

  • タグ